2010年05月31日

「児童ポルノ根絶を」 日本ユニセフ大使のアグネス・チャンさんが中井国家公安委員長に要請 (産経新聞)

 児童ポルノの根絶に向けた活動を続けている日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんらが27日、東京・霞が関の警察庁で中井洽国家公安委員長と面会、児童ポルノ画像の単純所持を取り締まる法律の早期整備など、対策を急ぐよう要請した。

 アグネスさんは、「児童ポルノのない世界の実現に向けてがんばっています。児童ポルノは見るだけでも辛い。単純所持を罰する法律がないことについて、各国の大使などからいつも指摘されている」と指摘。

 これに対し中井委員長は、「法務大臣との間では単純所持を禁じることで了解に達している。児童ポルノは世界の恥だ」と延べ、早期の法制化を目指す考えを示した。

【関連記事】
児童ポルノのない世界を ユニセフが会見
ネット流通の児童ポルノ、即時遮断 警察庁など関係省庁合意
改正児童扶養手当法が成立 父子家庭10万世帯に拡大
警察庁vs総務省 児童ポルノブロッキング、手法めぐり対立
悪質業者の取締強化へ 警察庁が児童ポルノ対策会議
虐待が子供に与える「傷」とは?

民主「参院選惨敗」予測 「40議席割る」に党内動揺(J-CASTニュース)
日米合意先行、理解できぬ=社民党首(時事通信)
所持金44円の男が焼き肉23点、12時間無銭飲食(スポーツ報知)
緑内障が疑われる見えづらさ、「眼の病気でない」が8割(医療介護CBニュース)
逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信)
posted by ウノ トシオ at 18:19| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。