2010年02月18日

<お別れの会>立松和平さん=3月27日、東京の青山葬儀所(毎日新聞)

 立松和平さんのお別れの会=作家・8日死去=3月27日午後2時、東京都港区南青山の青山葬儀所。実行委員会形式で開くが、委員長は未定。事務局は立松さんが理事長を務めたNPOふるさと回帰支援センター(03・3543・0333)。

菅副総理「民主党らしさでは枝野氏が1期生」(産経新聞)
政権再浮上、険しい道…危機感薄い官邸(読売新聞)
衆院選前、資金に困窮=居候、選挙近づき事務所開設−民主・小林千代美議員側(時事通信)
過労で発症、2億円弱賠償命令=元飲食店店長、意識不明で寝たきり−鹿児島地裁(時事通信)
新幹線ホームから線路侵入、歩いた女は黙秘(読売新聞)
posted by ウノ トシオ at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<自殺>交通事故との因果関係認定…福岡地裁が賠償命令(毎日新聞)

 交通事故で重傷を負い、事故から約3年2カ月後に自殺した男性(死亡時21歳)の両親が、相手の乗用車を運転していた男性に約5120万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福岡地裁であった。南場裕美子裁判官は「事故による障害や自分の将来を悲観しての自殺。他に原因はない」と、慰謝料など約1660万円の支払いを命じた。精神疾患などに罹患(りかん)した医学的診断はなく、判決は生前の言動などから事故との因果関係を認定した。

 判決によると、事故は04年2月、福岡市東区の県道で発生。原付きバイクで直進していた高校3年生(当時)の男性と、反対車線から右折してきた飲酒運転の乗用車が衝突した。男性は事故後に数回の手術を受けたがひざの関節が変形し、歩くのにつえが必要となった。運送会社からの就職内定も辞退し、07年4月に自宅で首つり自殺した。【和田武士】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉
’10裁判員:危険運転致死、懲役14年 「飲酒大量、量刑を重く」−−千葉地裁判決
懲戒免職:県教委、教諭を処分 酒気帯びで電柱に衝突、道交法違反で有罪判決 /千葉
自動車運転過失致死傷:被告に懲役3年 「飲酒発覚恐れ逃走」−−地裁判決 /富山
元岩国市職員の酒気帯び運転:人身事故の元職員に有罪判決−−地裁岩国支部 /山口

<心臓移植>改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ(毎日新聞)
桜の開花日 予想ばらばら 民間3機関(毎日新聞)
<訃報>谷部平太郎さん91歳=元日本ピストンリング専務(毎日新聞)
日弁連会長選、再投票は来月10日(産経新聞)
インフル脳症、285人届け出=例年の5〜8倍−感染研(時事通信)
posted by ウノ トシオ at 05:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。