2010年01月22日

石川議員「親分の言うことは絶対」(読売新聞)

 現職国会議員ら3人が逮捕された、小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件。秘書の統制、不動産の取得など、小沢氏独自の手法を追った。

          ◇

 「親分の言うことは絶対ですから。白と言えば白、黒と言えば黒なんです」

 逮捕された石川知裕衆院議員(36)は周囲に、小沢氏への忠誠心を隠そうともせず、そう語っていた。尊敬する人物を尋ねられると、必ず「小沢一郎」の名前を挙げた。

 早稲田大学で政治サークルに入り、在学中から書生として東京都世田谷区にある小沢氏の自宅に住み込んでいた石川容疑者。この頃、「僕の1日は先生の犬の散歩から始まります」と、故郷・北海道足寄町で小、中学生の時に通った学習塾の女性経営者(58)に、うれしそうに話していた。

 新米秘書時代、小沢氏の自宅で、当時の橋本竜太郎首相からの電話を取ったことがあった。「橋本です。小沢先生はご在宅ですか」。慌てて入浴中の小沢氏に知らせると、「風呂に入っているのに出られるわけがないだろう。出られないと伝えろ」。首相からの電話にも全く動じない小沢氏に、石川容疑者は「すごい人だ」と感銘を受けたという。

     ◎

 小沢氏には、15人前後の秘書がいるとされる。強固な主従関係から、秘書たちは「徒弟」とも呼ばれる。

 石川容疑者も書生時代から、毎朝、門前や庭の掃除、洗車、小鳥の世話などに汗を流した。掃除後にゴミが残っていたり、コピーの紙を両面使わずに1枚でも捨てたりすると、小沢氏や先輩秘書から厳しくしかられた。運転手も務め、道を間違えると、後部座席の小沢氏から席をけられることもあった。

 辞めていく秘書も多かったが、石川容疑者は音を上げず、やがて、「小沢氏の信用を得た秘書が担当する」と言われる経理関係を任されるようになった。2000年には、陸山会の事務担当者に就任。前任は、小沢氏側近として知られる樋高剛・民主党副幹事長。後任は石川容疑者とともに逮捕された池田光智容疑者(32)だった。

 07年3月、民主党衆院議員の辞職に伴う繰り上げ当選で、石川容疑者は念願の国会議員になった。ただ、小沢氏との関係は「大物代議士と秘書そのものだった」と、石川容疑者の元秘書は証言する。

     ◎

 昨年10月7日、東京・永田町の衆院第1議員会館2階の233号室。民主党は1か月余り前の衆院選で政権交代を実現させ、石川容疑者も2期目の当選を果たしていた。読売新聞記者が、今回の事件に発展した陸山会の土地購入問題について尋ねると、それまでにこやかだった石川容疑者が、突然、顔色を変えた。

 「ちょっと、ちょっと、まず、小沢事務所に連絡を取ってみますので。私の方でいい加減なことを言うと……」と、あわてて取材を打ち切った。

 この部屋に東京地検特捜部の捜索が入り、石川容疑者が逮捕されたのは、その約3か月後。石川容疑者の旧友は、「小沢氏への忠誠心が、順法意識をマヒさせてしまったのではないか」と指摘した。

パトカーに追われ逆送しトラックと衝突、男女2人重傷 栃木(産経新聞)
外国人参政権は三党合意ではない亀井金融・郵政改革担当相(レスポンス)
小中学校「土曜の授業」OK…東京都が指針(読売新聞)
<長崎漁船不明>家族から船体引き揚げ要望(毎日新聞)
野党3党「政治とカネ」集中審議要求で一致(読売新聞)
posted by ウノ トシオ at 03:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

オウム 新実被告の死刑確定へ(産経新聞)

 地下鉄、松本両サリン事件や坂本堤弁護士一家殺害事件など、計11事件で殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた元オウム真理教幹部、新実智光被告(45)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は19日、「犯行で命を失った被害者は26人に及んだ。刑事責任は重大で、死刑を是認せざるを得ない」として、新実被告側の上告を棄却した。死刑が確定する。

 一連のオウム事件で死刑が確定するのは10人目。3被告が死刑判決を受けて上告中。

 同小法廷は「被告は教団の古参幹部として、大部分の犯行で積極的な実行者として関与した」と指摘。さらに「被害者や遺族への謝罪の言葉は口にするが、独自の宗教観で自己の行為が正当であると述べ、非を真に認めようとしていない」と述べた。

 昨年11月の弁論で、弁護側は「教祖の指示に従うしか選択肢がなかった。死刑を当然として受け入れており、刑罰として死刑を科すことに意味はない」などと訴え、検察側は「極悪非道な反社会的犯行」として上告棄却を求めていた。

 1、2審判決などによると、新実被告は教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(54)らと共謀。平成元年、横浜市の坂本さん=当時(33)=宅で一家3人を殺害、6年には長野県松本市でサリンを散布した。東京の地下鉄車内でもサリンを散布し、12人を殺害するなどした。

震災から15年 妻亡くした82歳桜井さん 京連鶴に思い連ね(産経新聞)
ワクチンの勧奨復活で合意=日本脳炎めぐり−厚労省(時事通信)
外国人参政権は三党合意ではない亀井金融・郵政改革担当相(レスポンス)
首相「大変驚いている」…石川議員逮捕(読売新聞)
【中医協】入基料の減算特例、奄美や小笠原諸島などに容認へ(医療介護CBニュース)
posted by ウノ トシオ at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)

 交番に届けられた落とし物の財布から現金19万円を抜き取ったとして、神奈川県警戸部署は19日、同署地域1課巡査で横浜駅相鉄口交番勤務の渡辺雄大容疑者(24)=横須賀市津久井1=を業務上横領容疑で逮捕した。「忙しい交番でストレスがたまり、魔が差した」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は15日午後4時15分ごろ、同交番で、横浜市神奈川区のパート女性(66)の財布から19万円を横領したとしている。

 県警監察官室によると、財布は女性が同市西区の薬局で落とし、店長(49)が近くの同交番に届けて、渡辺容疑者が応対していた。女性が16日に受け取りに来ると、財布に2万円しか入っておらず、店長が「届けた際は21万円入っていた」と話したため、渡辺容疑者を追及すると容疑を認めたという。現金は渡辺容疑者宅のタンスで見つかった。

 小笠原晃・監察官室長は「県民の信頼を著しく損なう警察官としてあるまじき行為。厳しく処分し信頼回復に努める」と話した。【池田知広】

【関連ニュース】
横領容疑:客の327万円着服 JA元職員逮捕 和歌山
業務上横領容疑:名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警
横領:鉄リサイクル年金基金の元課長が1000万円
伊藤ハム:子会社の元課長を告訴 1.4億円横領容疑
収賄容疑:元看守を起訴猶予処分に…名古屋地検

波にさらわれ釣り人2人死傷=千葉(時事通信)
石川氏元秘書「国会でも発言したい」=小沢氏資金問題(時事通信)
最高裁 「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
滋賀・草津にイチゴ香る商店街 立命大構想 空き店舗に栽培工場(産経新聞)
<輿石参院議員会長>「政権公約実現、国民に対する使命」(毎日新聞)
posted by ウノ トシオ at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。